本文へスキップ

一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)は翻訳の世界標準を目指します。

ナビゲーション

     

「JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験」参考問題

「JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験」の試験問題は4肢択一方式で
以下の6つの管理項目より各30問、合計180問出題されています。試験時間は120分です。
1.時間管理(TIME MANAGEMENT)
2.人材管理 (PERSONNEL MANAGEMENT)
3.資源管理 (DATA & RESOURCES MANAGEMENT)
4.コスト管理 (COST MANAGEMENT)
5.クライアント管理 (CLIENT MANAGEMENT)
6.コンプライアンス管理 (COMPLIANCE MANAGEMENT)

以下に6つの管理項目より各3問、合計18問、本試験同様の問題を参考問題として掲載しています。
解答は一番最後にあります。



1.時間管理(TIME MANAGEMENT)

(1) 翻訳プロジェクト・マネージャーが納期を短縮するためにできることとして、間違っている
  ものを1つ選んでください。
 A) グループ作業体制を構築する。
 B) 内容・専門分野を問わず、スケジュールの空いている翻訳者を確保する。
 C) 増員翻訳者を確保しておく。
 D) 作業人数と作業分担を細かく決定しておく。

(2) 納品スケジュールを決めるうえで、翻訳プロジェクト・マネージャーがすべきこととして、
  適切なものを1つ選んでください。
 A) ある程度、プロジェクトが進んでから、納品スケジュールを決定する。
 B) 翻訳作業に着手する前に、納品スケジュールを決定する。
 C) クライアントの希望を考慮せず、こちらの予定に合わせて納品スケジュールを決定する。
 D) プロジェクトの最終段階に入ってから、納品スケジュールを決定する。

(3) 納期を短縮するために翻訳プロジェクト・マネージャーが行うこととして、最も適切な
  ものを1つ選んでください。
 A) 訳語の統一を行う時間を設ける。
 B) グループの作業体制を整える。
 C) 翻訳者の生活リズムを把握する。
 D) アフターケアの時間を確保する。


2.人材管理 (PERSONNEL MANAGEMENT)

(1) 翻訳者を起用する際に、翻訳プロジェクト・マネージャーがすべきこととして、必ずしも
  適切でないものを1つ選んでください。
 A) 複数の翻訳者で作業をする場合、翻訳者をレベル毎に分ける。
 B) 大型案件の場合、翻訳者のレベルを統一する。
 C) 翻訳者が個人的に受けた案件について、実力的に無理なく受けているかを確認する。
 D) 仕上がった翻訳を最良のものとするために、分野別に翻訳者の評価を徹底する。

(2) 翻訳者を起用する際に、翻訳プロジェクト・マネージャーが考慮すべきこととして、
  適切でないものを1つ選んでください。
 A) 翻訳専門分野と翻訳のスピード。
 B) 翻訳者の出身大学と卒論のテーマ。
 C) 翻訳者の翻訳スピードと正確さのバランス。
 D) 翻訳者が使える翻訳支援ツール。

(3) 翻訳プロジェクト・マネージャーの仕事について、間違っているものを1つ選んで
  ください。
 A) 翻訳者が作業中に抱いた疑問点に答えられる体制を整えておく。
 B) 翻訳者が指示に従っていない場合や予定より作業が遅れている場合、軌道修正する。
 C) いかなるときも、自分で翻訳はしない。
 D) 一人の翻訳者から疑問が出た場合、プロジェクトメンバーで情報共有して、翻訳自体に
  統一性を持たせる。


3.資源管理 (DATA & RESOURCES MANAGEMENT)

(1) クライアントから支給データおよび納品データを廃棄するよう指示された場合、
  翻訳プロジェクト・マネージャーがとるべき行動として、正しいものを1つ選んでくだ
  さい。
 A) 関係者に廃棄の指示を出し、廃棄したことを証明する用紙に署名をもらい、
   クライアントに提出する。
 B) 支給データを印刷していた場合、出力データをすべてごみ箱に捨てる。
 C) PC上のデータはPCのゴミ箱にすべて捨てるよう、翻訳者に徹底する。
 D) 廃棄する前に、念のためデータをUSBに保管する。

(2) 翻訳案件を受注する際に、翻訳プロジェクト•マネージャーが行うべきこととして、
  必ずしも必要でないものを1つ選んでください。
 A) 翻訳者のPCのセキュリティ対策を徹底する。
 B) データを取り扱うルールを定めておく。
 C) 翻訳者に機密保持の意識を徹底する。
 D) 翻訳に必要な参考文献を調査して、リストアップする。

(3) 翻訳プロジェクト•マネージャーの仕事として、間違っているものを1つ選んでください。
 A) 大型プロジェクトの場合、必ずFTP方式でファイルを送信する。
 B) クライアントから依頼があった場合、サンプル訳を作成して提出する。
 C) クライアントのデータの取り扱いについて、翻訳者にルールを徹底する。
 D) クライアントから依頼があった場合、データの廃棄報告書を提出する。


4.コスト管理 (COST MANAGEMENT)

(1) コスト管理に関して、翻訳プロジェクト・マネージャーが行うこととして、正しいものを
  1つ選んでください。
 A) 他社との合見積など、競争力のある見積作成が必要な場合、条件、内容を問わず、
   通常より安い単価で見積を作成する。
 B) 他社との合見積など、競争力のある見積作成が必要な場合、翻訳支援ツールを活用
   できるか検討する。
 C) 翻訳者に絶対に間違いないよう指示し、チェック作業やQCの作業の手間を省いて、
   コストを削減する。
 D) 途中で追加作業が発生した場合、追加費用を無条件に請求書に加える。

(2) 作業を翻訳者に割り振る際、コスト削減のために翻訳プロジェクト・マネージャーが
  注意することとして、正しいものを1つ選んでください。
 A) コンピュータで一括処理できる作業は、翻訳者に依頼しない。
 B) レイアウト作成も翻訳者に依頼する。
 C) アシスタントは採用しない。
 D) 内容に関係なく作業期間を限定し、納期を短縮する。

(3) コスト削減のために、翻訳プロジェクト・マネージャーが行うこととして、正しいものを
  1つ選んでください。
 A) 翻訳者の人数を無条件に削減する。
 B) 同じレベルの翻訳者ならば、単価の安い翻訳者を起用する。
 C) 翻訳支援ツールの使用を制限する。
 D) 過去データを削除して、PCの稼働スピードを上げる。


5.クライアント管理 (CLIENT MANAGEMENT)

(1) クライアントから案件を受注する際 翻訳プロジェクト・マネージャーがすべきこととして
  適切でないものを1つ選んでください。
 A) 成果物の納期を確認する。
 B) クライアントが希望する翻訳者の人数を確認する。
 C) 用語集など参考資料の有無を確認する。
 D) 分納の希望があるかを確認する。

(2) 成果物を納品後、クライアントから誤訳があるとクレームが寄せられた場合、
  翻訳プロジェクト・マネージャーがとるべき対応として、最も適切なものを1つ選んで
  ください。
 A) 該当箇所を担当した翻訳者との契約を打ち切り、別の翻訳者が訳し直したものを訂正版
   として納品する。
 B) クレームの詳細な内容をヒアリングして事実関係を調査し、誤訳が確認されたら、
   謝罪した上で必要な修正を行い、納品する。
 C) クライアントの指摘通りだった場合も、簡単に非を認めず、とにかく正当性を主張する。
 D) 取引を打ち切られたら大きな損害が出るので、クレームの内容に関わらずひたすら
   謝罪し、その場を収める。

(3) 日常の取引からクライアントの発注内容を分析した結果、翻訳プロジェクト・マネージャー
  ができることとして、適切でないものを1つ選んでください。
 A) 品質、スピード、価格のうち、クライアントがどれを重視しているかがわかる。
 B) クライアント専用の用語集を作成する参考になる。
 C) 成果物の用途確認など、クライアントへの連絡を省略できる。
 D) クライアントのニーズを把握できる。


6.コンプライアンス管理 (COMPLIANCE MANAGEMENT)

(1) 翻訳プロジェクトを行う際、翻訳内容などの機密情報を外部に漏洩させないために
  「機密保持契約」を締結するが、これの略称として、正しいものを1つ選んでください。
 A) NDA
 B) DNA
 C) AND
 D) NAD

(2) クライアントから案件を受注した際に、翻訳者との間で翻訳プロジェクト・マネージャー
  がすべきこととして、必ずしも必要でないものを1つ選んでください。
 A) 書面で機密保持契約を締結する。
 B) 翻訳者が使用しているPCの機種を確認する。
 C) 翻訳者がPCで使用しているウイルス対策プログラムを確認する。
 D) 翻訳完了後のデータファイルの処理について徹底する。

(3) 機密保持のために、翻訳プロジェクト・マネージャーが行うべきこととして、間違って
  いるものを1つ選んでください。
 A) 文書管理やデータ管理のルールを策定し、徹底する。
 B) 外注作業者を管理するルールを策定し、徹底する。
 C) 在宅翻訳者の勤務時間に関するルールを策定し、徹底する。
 D) 在宅翻訳者についてデータファイルの取り扱いルールを策定し、徹底する。


【解答】
 1  (1) (2)  (3)   2 (1)  (2)  (3) 
   B  B    B  C
 3  (1)  (2) (3)   (1)  (2) (3) 
   A  D  A    B  B
 5  (1) (2)  (3)   6  (1)  (2) (3) 
   B  B  


 
JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験 
>> 試験の詳細・お申込み

 JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験
>> 試験の詳細・お申込み