本文へスキップ

一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)は翻訳の世界標準を目指します。

     

「JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験」

  本資格は
   以下の6つの管理指標を踏まえて翻訳プロジェクト・マネージャーに必要な内容をケーススタディ方式にて
   問う試験です。
    1.時間管理、2.人材管理、3.資源管理、
    4.コスト管理、5.クライアント管理、6.コンプライアンス管理
本上級資格試験は「翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験」
(旧名称:翻訳プロジェクト・マネージャー資格試験)の合格後、受験されることを推奨します。
「翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験」 実施日:2016年9月10日(土)10:00~12:00(日本時間)
●試験の詳細・お申込みにつきましては>>ここをクリックしてください
 
          翻訳プロジェクト・マネージャーの能力がより求められる時代が来ました。

日本翻訳協会では、翻訳プロジェクト・マネージャー(TPM)のスキル、専門知識、適性を測る試験として2013年6月23日に「第1回翻訳プロジェクト・マネージャー資格試験」(現:翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験)を開始しました。
それから約2年後、2015年4月24日に、翻訳の標準品質を確保するための国際規格ISO17100が発行されました。
この規格では翻訳者の資格(Qualification of Translators)、翻訳会社の翻訳作業工程の管理基準のガイドラインを示しています。しかし、ご存知の様に翻訳プロジェクトを統括するプロジェクト・マネージャーは翻訳の工程管理のみならず、翻訳ビジネスそれ自体のパフォーマンス管理が求められます。

ここで改めて、ISO17100と『JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験』の関係を整理させていただきます。当協会では、以下の様にプロジェクト・マネージャ―がふまえているべき管理項目のどこまでをISO17100がカバーしているかを調べてみました。
ISO17100の規格がカバーしている管理項目の範囲(%)
1)時間管理 75%、2)人材管理 90%、3)資源管理 80%、4)コスト管理15%
5)クライアント管理 50%、6)コンプライアンス管理 20%

すなわち、ここで申し上げたいことは、上記の分析で明らかなように、ISO17100は、コスト管理、クライアント管理、コンプライアンス管理を重視していない、すなわち、あくまでも翻訳工程管理に関する規格であり、翻訳ビジネスそれ自体の管理を含んだものではない、ということです。

その点、日本翻訳協会の翻訳プロジェクト・マネージャー資格基礎試験は、翻訳のQuality Standard(翻訳工程を含む)及び翻訳のBusiness Standardを考慮した翻訳ビジネスの全体をカバーした資格認定試験であるということです。

これらの点をふまえ、当協会では、より高度な翻訳プロジェクト・マネージャーのスキルや専門知識、適性を測るのみならず、翻訳会社として健全な運営を担う資格として、基礎試験につづき、「翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験」(ケーススタディ方式)を実施することにいたしました。

「第6回JTA公認 翻訳プロジェクト・マネージャー資格上級試験」の概要と申込み

* 受験案内書及び受験申請書はこのページの一番最後にございます。


実 施 日  :2016年9月10日(土)
申込締切 :2016年9月6日(火)
試験時間 :12:30~14:00(試験時間90分)
試 験 場  :インターネットによる在宅試験
受験資格 :国籍、性別、年齢を問わず
言  語 :日本語

試験概要 :オンライン試験
     :4肢択一方式
     :以下の6つの管理指標を踏まえて翻訳プロジェクト・マネージャーに必要
      な知識をケーススタディ方式にて問う試験です。
        1.時間管理、2.人材管理、3.資源管理、
        4.コスト管理、5.クライアント管理、6.コンプライアンス管理
        ◆ケーススタディ問題が9つ 各7問 合計63問出題

結果通知 :合否判定、ならびにグレードを判定し、結果をe-メールにて連絡

受 験 料 :  以下の表をご覧下さい。
      *海外からの受験料のお支払いにPayPalが利用できます。米ドルにてのお支払
        いとなります。

一般受験料
(税込)
米ドル
   ①JTAメンバーズ
     及び
    ③学生
   受験料(税込)

    米ドル

②バベルメンバーズ
受験料(税込)
米ドル
\8.500
$95
\6,800
$75
\7,650
$85

◆試験のキャンセルについて
・試験をキャンセルした場合、受験料はご返金いたしませんのでご注意ください。ただし、試験の3日前までにメール等
 にてキャンセルのご連絡をくださった場合、一度のみ次回の試験に振り替えることができます。
・試験当日、試験問題をお送りして解答が送られてこない場合も、キャンセル扱いになりますので、次回受験をする場合
 には、受験料のお支払いとともに申請書をお送りくださいますようお願い致します。

①JTAメンバースとは、翻訳者や、翻訳技能の向上を目指す方々のために、翻訳関連の様々な情報提供及び「JTA 公認 翻訳専門職」認定者となるためのサポートを行う、日本翻訳協会が主宰するインターネットメンバーシップです。
②バベルメンバーズ(登録無料)とは、当協会の認定校、(株)バベルが主宰する、
 ‘ プロフェショナルトランスレータ ’ への夢の実現をサポートするバベルグループの優待会員制度です。


③学生割引対象者:大学院生、大学生、専門学校生、高校生など


受験案内書及び受験申請書

 受験案内>> 受験申請書 >> 


                   平成28年度実施スケジュールは以下の通りです
  実施日 申込締切 申込開始
・第7回翻訳プロジェクト・
 マネージャー資格
 上級試験
12月17日(土) 12月13日(火) 9月15日(木)
・第8回翻訳プロジェクト・
 マネージャー資格
 上級試験
平成29年
3月11日(土)
平成29年
3月7日(火)
平成29年
1月23日(木)