本文へスキップ

一般社団法人 日本翻訳協会は翻訳の世界標準を目指します。

ナビゲーション

翻訳資格認定協会、機関 News & Events

●NATTI(オーストラリア)

◆翻訳者スポットライト:トミック・スバジオ <2022年6月20掲載>
翻訳者スポットライト:トミック・スバジオ
最近90歳の誕生日を迎えたインドネシア語翻訳者のトミック・スバジオさんは、インドネシアで生まれ、
1990年にNATTIのインドネシア翻訳者に認定されました。2007年にはインドネシア・マレー語審査員
としてのNAATIへの貢献が認められ、NAATIから表彰されています。トミックさんは現在もインドネシア語
と英語(両方向)の認定通訳者、認定翻訳者としての資格を有しています。
May 23, 2022
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-tomik-subagio/


◆翻訳者スポットライト:クリス・フリン 
<2022年5月26掲載>
外国語にまったく縁のない田舎で育ち、80年代にあるきっかけで日本へ渡ったクリスさんが、
結婚後も子供をバイリンガルに育てるという決意で日本に居住を決意し、様々な苦労の末、
次男がNAATI認定の日本語・英語の翻訳者になるまでの道のりを綴ったスポットライト記事です。
子供をバイリンガルに育てたい方必見です。
April 20, 2022
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-chris-flynn/


◆翻訳者スポットライト:ホイ・タン
 <2021年10月20掲載>
北京語と広東語の会議通訳とリサーチの修士号を持ち、長年医療通訳として活躍してきた
ホイさんの自己紹介と、苦労は多いものの常にチャレンジングで興味のつきない医療通訳
という仕事への熱い思いが述べられたスポット記事です。
Oct.1, 2021
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-hui-tao/


◆翻訳者スポットライト:ガブリエラ・カラハン 
<2021年10月20掲載>
ペルーの首都リマで生まれ、子供時代から英語の勉強を始めて高校卒業後にバイリンガル・クラークとなり、
リマにあるニュージーランの大使館勤務を経て、通訳翻訳の世界に足を踏み入れた、NAATI認定の
スペイン語通訳として30年以上の実績をもつガブリエラさんのスポット記事です。
Aug 30, 2021
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-gabriela-callaghan/


◆翻訳者スポットライト :ハディ・ザへ―ル
 <2021年9月28掲載>
現在、モナシュ大学博士課程の学生で、ペルシャ語、ダリー語&ウルドゥー語のNATTI認定翻訳者
およびハザーラ語、ダリー語&ウルドゥー語のNATTI認定(暫定)通訳者でもあるハディ・ザへ―ル
さんによる自己紹介と、複数の言語を話し、理解することの重要性を知る経験となったエピソードや
翻訳者および通訳者になるまでの経緯についてのスポットライト記事です。
Aug 2, 2021
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-hadi-zaher/


◆翻訳者スポットライト ジッティ・パン
 <2021年9月28掲載>
中国出身でオーストラリア在住のジッティ・パンさんによる自己紹介と、英語に興味を
持つきっかけとなった幼い頃の思い出や親戚のために11歳で初めて英語の通訳をしたエピソード、
中国で英文学学士号を取得後、オーストラリアの大学院で翻訳学を学び、NATTI認定の翻訳者および
通訳者になるまでの経緯と現在の活動についてのスポットライト記事です。
July 1, 2021
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-jiting-pan/


◆翻訳者スポットライト :福野茉穂
 <2021年5月24掲載>
オーストリアに在住する翻訳者、福野茉穂さんによる自己紹介及びオーストラリア
に引っ越して翻訳者になるまでの経緯や経験についてのスポットライト記事です。
May 3, 2021
詳細:https://www.naati.com.au/practitioner-spotlight-maho-fukuno/


●ITI(イギリス)

◆ITI アワード授賞式 <2022年6月20掲載>
2022年5月31日に開催されたITI カンファレンスでは、ITI アワード2022の授賞式が、
2年ぶりにオンラインで行われた。栄誉あるジョン・サイクス記念賞を受賞したのは、
欧州委員会の翻訳本部(The Directorate-General for Translation – European Commission)のメンバー。
この賞は、翻訳の仕事に対する評価はもちろん、翻訳について人々に伝える努力をも評価するものである。
May 31, 2022
詳細:https://www.iti.org.uk/resource/iti-awards-2022-results.html


◆翻訳ビジネスにおける時間管理のメリット
 <2022年5月26掲載>
イギリスの翻訳者オリビア・モートン・ミッティさんが、生産性ソフトLSP.expertを実際に活用
してみた感想について、翻訳時間を記録することで、より体系的に翻訳ビジネスを管理、
生産性を向上させることができると述べています。
May 11, 2022
詳細:https://www.iti.org.uk/resource/how-tracking-time-benefit-translation-business.html


◆Bulletin articles <2021月9日28掲載>
「カウントダウンが始まります」
フランス在住で金融およびビジネス専門のフリーランス翻訳者であるクリス・ダーバンさんによる、
年々厳しくなる翻訳業界で生き残り、新しいチャンスを掴むには、どういうオプションがあり、どのような
戦略を立てるべきかについて、特に専門性をまだ確立しきれていない翻訳者に向けた提言が書かれた記事です。
Jul 12, 2021
詳細:https://www.iti.org.uk/resource/the-countdown-s-started.html


●ATA(アメリカ)

◆アフガニスタン通訳者を救助した退役軍人、今度はウクライナ通訳者を救助 <2022年6月20掲載>
アフガニスタン通訳者を救助した退役軍人、今度はウクライナ通訳者を救助
アフガニスタンに従軍した退役軍人のカイナン・ウォルパーさんとデイブ・ラベリーさんは、
アフガニスタン人通訳者をタリバンから救助した経験がある。今回、2人はウクライナ駐留の
カナダ軍のために働くウクライナ人通訳を避難させるための支援プロセスを開始した。
「我々はウクライナ人通訳者に借りがある。彼らはカナダに尽くしたのだから、彼らに報いたいのだ。」
とウォルパーさんは語る。
Aprl 7, 2022
詳細:
https://www.atanet.org/industry-news/veterans-who-rescued-afghan-interpreters-help-canadian-forces-interpreters-evacuate-from-ukraine/


●日本翻訳連盟(JTF)


◆[翻訳祭30報告]海外の翻訳会社の選び方・つきあい方 <2022年5月16掲載>
フリーランス翻訳者が海外の翻訳会社と取引をする際の注意点について、3名の講演者の方々による
活発な意見交換がなされました。当記事では、海外の翻訳会社と取引するメリット/デメリットや、
海外の翻訳会社が翻訳者を選ぶポイント等、今後海外の翻訳会社との取引を検討している翻訳者
にとって有益な情報が記載されています。
詳細:https://webjournal.jtf.jp/2022/01/06/4460/