本文へスキップ

セミナー|一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)は翻訳の世界標準を目指します。

  

   <JTA 新セミナーラインナップ>    
    当協会では以下の5つのジャンルでセミナーを開催しています。
         

<オンラインで世界中から参加できます!>

以下のセミナーすべて、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインはズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも双方向のコミュニケーションが可能です。 (Skypeをご存知の方は同じようなツールとお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りしますのでご安心ください。

セミナー受講者の声を聴きませんか。
過去のセミナー受講者より頂いたセミナー レポートを掲載しています。
>>こちらよりアクセス下さい

2019年1月のセミナー スケジュール

2019年1月23日(水) 18時~20時(日本時間)実施

英語歌詞翻訳(ロック・ポップス編)セミナー

 
 ー1960年代から現在までの、英語で書かれたロックやポップスの歌詞を分析し、
        理解し、よりよい日本語翻訳を作り上げる基礎能力を上げるコツを学ぶ


現在、伝説のロックバンドQueenをモチーフにした映画 Bohemian Rhapsody がヒットしています。
ロックの歌詞は奥が深いものがたくさんあり、複数の意味を付与されている言葉も少なくありません。
また、英語で書かれたロックやポップスの歌詞の中には、難解な箇所や、文化的背景を知らない場合、
誤訳につながる可能性のある部分も多々あります。このセミナーでは、様々なロックやポップスの歌詞を
取り上げ、文化的背景を探ることで、文章の意味を十分に理解し、よりよい日本語への翻訳技術の習得を
試みます。

<セミナー目次>
1. Queen、The Beatles、Carpentersなどの日本でもよく知られている歌の歌詞について学びます。
2. どのような時に誤訳が発生するのかというメカニズムについて、いくつかの例を参照し、
 新しい翻訳を提案します。
3. 日本語の文章では表現が難しい例を紹介します。
4. 読み手が理解しやすい語彙を使うためのテクニックを学びます。
5. 日本語と英語の表現の違いに着目し、どのように日本語での表現を考えればよいのかという
 新しい翻訳のあり方を模索します。

●セミナー日程: 2019年1月23日(水)18時~20時(日本時間)  
●申込締切 : 2019年1月21日(月)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程英文学専攻修了。
 ・東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学
  博士課程前期修了。
 ・中央大学、明治大学、法政大学英語講師。日本語講師。
 ・認知科学と言語学をベースにライティングシステムを研究。




2019年1月29日(火) 18時~20時(日本時間)実施

企業人のための英文契約書の読み方セミナー 

 
-ビジネスのケーススタディのすべてが英文契約書(の読み書き)から学べる-


このセミナーは、バベルユニバーシティの「法人様向けリーガル英語研修」のプロモーションセミナーとして実施しますので、とくに企業の海外営業部門の方、企業の法務ご担当者の方、法律事務所の新入所員の方、企業研修ご担当者の方
などにご受講いただきたいセミナーです。もちろんリーガル翻訳者を目指す方にもお役立ていただけるセミナーです。


【セミナー概要】
現在世の中では、政治、経済、スポーツ、芸術等あらゆる分野でグローバル化が急速に進んでおりますが、海外の関係先と何かを取り決める場合、契約書の作成が必須となります。本セミナーでは、「企業人のための英文契約書の読み方」のタイトルで、英文契約書のルール、構成、共通条項、必須用語・用例等の基本的な事項、更に、英文契約に伴う諸問題、注意事項等についても、そのポイントを皆さんにご説明致します。


●セミナー日程: 2019年1月29日(火)18時~20時(日本時間)  
●申込締切 : 2019年1月24日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・早稲田大学第一法学部卒業
 ・総合商社にて海外営業、海外法務に携わる
 ・バベルにて法律翻訳に必要な知識・技法を習得
 ・現在バベルにて、リーガル部門の通学・オンライン講座の講師を
  務める





2019年2月のセミナー スケジュール

2019年2月21日(木) 18時~20時(日本時間)実施

英字新聞を徹底的に読み解く!⑤」セミナー   

 
◆英字新聞を読む ― ”Real America Versus Senate America” 
                      New York Times(Nov8, 2018)―◆

昨年の米国中間選挙についての論説記事を訳します。
なぜ民主党は上院で負け、下院で勝利したのか。その背景には、米国の実体と乖離した選挙事情があると
筆者は論じます。
新聞記事らしく、である調で、リズムある文章で訳してください。

*このセミナーでは、ご参加者様にあらかじめ課題問題を解いていただき、各人が提出した課題の
回答を題材に解説を致します。
*時間の都合でお送りいただいたご参加者様の回答を題材にできない場合がありますのでご了承
ください。また、課題の添削はございません。

*課題提出締切:2019年2月15日(金) 午後3時まで(日本時間)
 お早目にお申込み下さい!

●セミナー日程: 2019年2月21日(木) 18時~20時(日本時間) 
●申込締切 :2019年2月18日(月)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・大阪大学文学部大学院卒業。
 ・バベル通信科を経てバベル通信講座、スクーリング講師
  その後、フリーランスとして独立。出版翻訳、Forbes誌翻訳、
  CNN登録翻訳者などを経て、現在は経済雑誌翻訳、
  ジャーナリズム翻訳を中心に活動をする一方で、
  翻訳学校講師として「自然な翻訳表現」を追求。




2019年2月26日(火)18時~20時(日本時間)実施

特許翻訳入門セミナー

 
 ― 特許翻訳はルールさえ覚えれば簡単 ―


特許翻訳は難しいと思って敬遠する人が多いですが、これは大きな間違いです。特許明細書はほとんどの
部分が一般的な英語で書かれており、特許請求の範囲(クレーム)は文体と形式さえ覚えれば、普通の翻訳と
変わりありません。
特許の国際出願は増加し続けており、意匠や商標の国際出願も盛んに行われる今日、まさに特許翻訳者は
仕事が増える一方です。
本セミナーでは特許翻訳に必要な知識をほとんどお教えします。特許を全く知らない方でも特許翻訳に
すんなりと入っていけるように、まず特許とは?という日本語のみの講義から入り、講義終了後には簡単な
特許翻訳ができるようになるまで必ずご指導します。
 ご好評頂いている「特許翻訳のテクニック 2版」(中央経済社)の著者が講義します。
<セミナー目次>

ステップ1 特許とは?
(1)特許の出願~特許発行までの大まかなフロー
(2)特許出願書類(明細書、特許請求の範囲)の記載
      ⇓ 特許の基本的知識を得た上で、特許翻訳ができるようにします。 
ステップ2 特許翻訳にはどんな種類がある?
(1)明細書、クレーム
(2)中間書類(意見書、補正書)
(3)レター、メール
(4)裁判資料
ほか
      ⇓
ステップ3 特許翻訳で頻出の用語、フレーズ
 できる限り多くのフレーズ、テクニカルタームを挙げます。
      ⇓
ステップ4 実践特許翻訳
 簡単な特許文章を訳してみます。

●セミナー日程: 2019年2月26日(火)18時~20時(日本時間)  
●申込締切 : 2019年2月21日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・外資系銀行を経て特許事務所にて勤務
 ・現在、奥田国際特許事務所にて、また翻訳者、執筆者、弁理士として活躍し、
  米国バベル翻訳大学院では第3科目「特許・技術・医薬翻訳専攻」にて
  「特許翻訳レベルⅠ(英日)」をプロフェッサーとして担当
 ・ 「現代日本執筆者大辞典・第5期」(日アソシエイツ)に掲載されている
 ・ 元 弁理士試験委員

 <著書>
 「ゼロからできるアメリカ特許取得の実務と英語」(秀和システム)
 「国際特許出願マニュアル2版」(中央経済社)
 「特許翻訳テクニック2版」(中央経済社)
 「もう知らないではすまされない著作権」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解著作権法のしくみ(2版)」(中央経済社)
 「なるほど図解商標法のしくみ(3版)」(中央経済社)
 「米国特許法改正のポイント」(中央経済社)
 「ネイティブに笑われない英文ビジネスメール」(中央経済社)
 「こんなにおもしろい弁理士の仕事(3版)」(中央経済社)
 「誰でも弁理士になれる本(4版)」(中央経済社)
 「なるほど図解特許法のしくみ第3版」(中央経済社)
 「自宅でできる翻訳の仕事」(ペーパーバック+電子書籍、インプレスR&D)
 「知的財産関係条約基本解説」(法学書院、2017年1月)
 「現代日本執筆者大事典・第5期」(日外アソシエーツ)所載

2019年3月のセミナー スケジュール

2019年3月5日(火) 18時~20時(日本時間)実施

「出版翻訳における日英翻訳のポイント」セミナー 第4回  

 
 ― 日英翻訳における原文読み替え ―

日本語原文をそのまま英語には訳せない。英語のパターンに合うように、まず、原文を読み替えてから
訳す。<歴史を見てみると、魚は頭から腐る>という文なら、文末に<ということがよくわかる>という
ような言葉を補足しないと通じない。例文18個で原文読み替えの練習をしてみよう。

目 次[18例]
1、英訳公式に合わせて読み替える[7例]
1.1. IT分裂文、1.2. 無生物主語、1.3. 対比化・強意のDO、1.4. つなぎ語句・対比化、 1.5. 順行訳、
1.6. 主語の統一、1.7. ドンピシャリの一語で訳す、
2、連体表現つき名詞句の再構成[3例]
 2.1. 文法用語の説明、2.2. 主名詞さしかえ、2.3.同格名詞句並置、
2.4. 連体表現を文に読み替える
3、比喩・慣用表現の説明[1例]
 3.1.心の旅
4、曖昧表現の明確化[7例]
4.1. 文脈で読み取る(A)、4.2. 文脈で読み取る(B)、4.3. 文脈で読み取る(C)、4.4. 文脈で読み取る(D)、
4.5. 近接未来、4.6. 発話者の数、4.7. 名称の訳し方。


*このセミナーでは参加者にあらかじめ課題問題を解いていただき、各人が提出した課題の解答を
 題材に解説を致します。
*時間の都合で、お送りいただいた参加者様の解答を題材にできない場合がありますのでご了承
 ください。

**課題提出締切:2月27日(水) 午後3時まで(日本時間)
 お早目にお申込み下さい!

●セミナー日程: 2019年3月5日(火) 18時~20時(日本時間) 
●申込締切 :2019年2月28日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・元帝塚山学院大学教授。京都大学大学院(言語学)修了
 ・インディアナ大学(言語学MA)
 ・バベル翻訳大学院USA教授
 ・翻訳家