本文へスキップ

セミナー|一般社団法人 日本翻訳協会(JTA)は翻訳の世界標準を目指します。

  

   <JTA 新セミナーラインナップ>    
    当協会では以下の5つのジャンルでセミナーを開催しています。
         

<オンラインで世界中から参加できます!>

以下のセミナーすべて、吉祥寺の教室又はオンラインにて参加できます。オンラインはズーム(ZOOM)というインターネット会議システムを使いますので、自宅からでも双方向のコミュニケーションが可能です。 (Skypeをご存知の方は同じようなツールとお考えください。)。PCとインターネットの環境があれば準備はとても簡単です。参加申込の方に「ZOOM」の利用方法をやさしく解説したマニュアルをお送りしますのでご安心ください。

セミナー受講者の声を聴きませんか。
過去のセミナー受講者より頂いたセミナー レポートを掲載しています。
>>こちらよりアクセス下さい

2018年8月のセミナー スケジュール


2018年8月23日(木)18時~20時〈2時間〉(日本時間)実施

「翻訳と言語学の接点」セミナー

 
 ― 翻訳に現れる言語の癖 ―     

外国語教育では学習者の体系的な誤りである「誤用(error)」の分析から多くのことが得られて
います。翻訳でも機械翻訳に体系的な不自然さがみられたとき、それぞれの言語の持ついわば
「癖」の違いが現れたと考えらることが出来ます。それらのうちのいくつかを言語学での現象との
結びつきで、機械翻訳の訳文と自然な翻訳との規則的な対応を考えてみます。
 それを行うには文法を越えた意味のレベル、さらに文化に対する配慮等も必要になるでしょう。
ただし翻訳先の言語にとって自然に訳せたときに、かえって「直訳っぽい表現と比べて、原文とは
離れてしまっているのではないか。」と感じるようなことはないでしょうか。そのみきわめに
ついても少しかんがえてみることにしましょう。


●セミナー目次
1.機械翻訳の誤用分析からの視点 言語学的概念と翻訳技術の説明
  数量詞の用法(副詞的用法)
  I drank two bottles of beer. 私は2本のビールを飲んだ。(ビールを2本飲んだ。)
  比較級(比較対照がない場合)
  More students are starting Stock trading. より多くの学生が株式取引を開始しています。
  (株式取引をする学生が増えている)
  以上のような例から言語学の概念による翻訳技術の説明や機械翻訳の向上を考える。

2.機械翻訳をめぐる問題 認知言語学の視点から、母語話者の直感(語感)との一致。
  主語
  New products increase sales. 新製品は売り上げを伸ばします。
  (新製品で売り上げは伸びます)
  肯定・否定
  I read in Russian only with the help of a dictionary
  私は辞書の助けを借りてのみロシア語で読む(辞書がないと読めません。)
  話者の立場と事実指向
  I saw a movie in Shinjuku yesterday. 私は昨日新宿で映画を見た。(~見てきました。)
  My brother helped my homewark. 私の弟は私の宿題を助けました。
  (~手伝ってくれました/~手伝ってもらいました。)
  以上のような例から発想の違い、文体的な曖昧さなど文化(言語学的地域研究)の問題を
  考察し、
機械翻訳に応用可能かを考える。

3.日本語として自然な翻訳と翻訳として自然な日本語

●セミナー日程: 8月23日(木) 18時~20時〈2時間〉(日本時間)
●申込締切 :8月20日(月)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・上智大学外国語学部ロシア語学科卒業、同大学大学院言語学研究科 
  博士前期課程修了 文学修士
 ・日本語教育能力検定試験 合格 
 ・東邦大学等で講師
 ・大学院では音声学の研究室に所属し10年ほど日本各地で方言のフィールド
  ワークに従事
 ・大学院終了語、辞書出版社で露和・和露、英和・英英などの辞書の編纂また
  情報処理振興事業協会でコンピュータ用日本語辞書のプロジェクトに従事

 ●著書
 (共著:猪塚恵美子)『日本語の音声入門』バベルプレス
 (共著:猪塚恵美子)『日本語音声学の仕組み』研究社
 (共著:井口厚夫他)『Japanese Now(英文)』荒竹出版


2018年8月28日(火)17時~19時〈2時間〉(日本時間)実施

「翻訳分析入門」セミナー

 
 ― 英日・日英の翻訳力向上のために ―     

「日本語らしさ・英語らしさ」とは何か。最近発展してきた言語類型論を土台にして、自然な
日本語・英語に翻訳するコツを一緒に考えます。
 理論的な考察を3分の2ぐらいの時間に当て、残りの時間で具体的な事例研究として日本語の
新聞社説の英訳について取り上げます。


<セミナー目次(内容)>
①多層的な言語相対性と翻訳相対性
②主語の言語化の違い:主客分離と主客合一
③英語・日本語の認知モードの違い:主語・動詞と参照点・標的
④名詞の捉え方の違い:有界性と無界性、モノ言語とコト言語
⑤言語化の手順の違い:主語優先と題目優先、ズームアウトとズームイン
⑥動詞の違い:スル言語とナル言語
⑦時制と相の違い:視点固定と視点移動
⑧話法の違い:客観話法と共感話法
⑨事例研究:日本語新聞社説の英文社説への翻訳
⑩(時間があれば)質疑応答

●セミナー日程: 8月28日(火) 17時~19時〈2時間〉(日本時間)
●申込締切 :8月24日(金)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・関西大学外国語学部・大学院外国語教育学研究科教授
 ・東京外国語大学大学院通訳コース講師
 ・異文化コミュニケーション学博士
 ・日本通訳翻訳学会副会長
 ・著書に『翻訳等価再考――翻訳の言語・社会・思想』(晃洋書房)、
  共訳に『通訳学入門』『翻訳学入門』(みすず書房)、
  共著に『英語通訳への道』(大修館)などがある。
 ・『WEB版The Professional Translator』にて毎月2回「翻訳翻訳論入門
  ~翻訳の言語と社会~」の連載を担当



2018年9月のセミナー スケジュール


2018年9月6日(木)18時~19時30分〈2時間〉(日本時間)実施

『「英文メディアで読む」人民元の昨日・今日・明日』セミナー

 
 ― 激動の国際金融情勢と躍進する人民元を読み取る ―    


 本セミナーでは、中国の通貨、人民元の過去10年間余りの動きを、英文メディアを通して観察
します。10年前、米国発の世界的金融危機、いわゆるリーマン・ショックが世界の市場を震撼
させました。その10年前には、アジア通貨危機が起きています。
 そして今、トランプ米政権が仕掛ける貿易摩擦によって、グローバルな貿易戦争や通貨戦争の
発生が懸念されています。この激動の20年の間、人民元は国際通貨として大きく成長し、
国際通貨基金(IMF)の準備通貨としての地位を獲得しました。その動 きを、臨場感を以て
生々しく伝える英文メディアから読み取ります。

<セミナー目次>
(1)中国人民銀行、人民元改革を発表。通貨バスケット制導入へ(05年7月)
(2)米ドル連動制に戻る元(08年7月)
(3)元の切り上げを求めて高まる国際世論(10年10月)
(4)元の大幅切り下げに踏み切った中国人民銀行(15年8月)
(5)臨機応変に元の管理を強める人民銀行(17年5月)
(6)元の国際化を進める中国(08年以降)
(7)元に国内でのオプション取引を認めると発表(11年2月)
(8)日中両国、米ドルを介さない円元の直接交換で合意(11年12月)
(9)国際通貨基金(IMF)のお墨付きを得た人民元(15年11月)
(10)香港ドル - 元の「明日」を示す、もうひとつの中国の通貨


●セミナー日程: 2018年9月6日(木)18時~19時30分(日本時間) 
●申込締切 : 2018年9月3日(月)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・東京大学法学部卒業。
 ・都市銀行に勤務し、国際金融業務に長く携わる。
  米国(ニューヨーク)、中南米(パナマ)、欧州・中近東(イスタンブール)、
  アジア(韓国)の各地に勤務。また現地法人の役員、合弁会社の日本側代表を務める。
 ・現在、バベル翻訳専門職大学院(USA)プロフェッサー。国際金融翻訳(英日)
  講座を担当。
 ・日本翻訳協会会員。
 ・日本英語交流連盟(ESUJ)会員。
 ・著作として「東アジア・カントリー情報」を1998年より発表。
 ・現在は東アジア・ニュースレターとしてバベル社の「The Professional Translator」に
  連載。また「英文メディアで読む」シリーズも同誌に連載中。
 ・翻訳書に「チャイナCEO/バベルプレス刊(共訳)ほか。


2018年9月11日(火)18時~20時〈2時間〉(日本時間)実施

「英字新聞を徹底的に読み解く!④」セミナー 第3回

 
 ◆英文記事が切り取る日本 ③ ― 訪日旅行者は公害?―◆   


オリンピックを2年後に控え、訪日旅行者が急増しています。それにともない地元のひとたちとの
様々な軋轢が。
はたして外国人旅行者は公害なのでしょうか? ガーディアン紙の報道を読みたいと思います。

<セミナー日程> 
第3回  英文記事が切り取る日本③
●セミナー日程: 9月11日(火) 18時~20時(日本時間)

●申込締切 : 9月6日(木)(日本時間)
*第3回 課題提出締切:9月6日(木) 午後3時まで(日本時間)

第1回 英文記事が切り取る日本 ①
●セミナー日程: 6月12日(火) 18時~20時(日本時間)終了

第2回 英文記事が切り取る日本②
●セミナー日程: 8月7日(火) 18時~20時(日本時間)終了


*このセミナーでは、ご参加者様にあらかじめ課題問題を解いていただき、各人が提出した
 課題の回答を題材に解説を致します。
*時間の都合でお送りいただいたご参加者様の回答を題材にできない場合がありますので
 ご了承ください。


*第3回 課題提出締切:9月6日(木) 午後3時まで(日本時間)
 お早目にお申込み下さい!


第3回 英文記事が切り取る日本③」
●セミナー日程: 2018年9月11日(火)18時~20時(日本時間) 
●申込締切 : 2018年9月6日(木)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ・大阪大学文学部大学院卒業。
 ・バベル通信科を経てバベル通信講座、スクーリング講師
  その後、フリーランスとして独立。出版翻訳、Forbes誌翻訳、
  CNN登録翻訳者などを経て、現在は経済雑誌翻訳、
  ジャーナリズム翻訳を中心に活動をする一方で、
  翻訳学校講師として「自然な翻訳表現」を追求。



2018年9月20日(木)18時~19時30分〈2時間〉(日本時間)実施

「日本翻訳史」セミナー

 
 - 古代から近代まで -    


日本は、初等教育から高等教育まで、外国語を使わずに日本語で古今東西の学問を学ぶことが
できる、アジアで数少ない国である。それは,日本人が古代から外国の文物を貪欲に摂取すると
同時に、それらの文物を翻訳する不断の努力を続けてきたからである。この講座では、飛鳥時代
から明治時代までの翻訳および註釈の発展に関して解説する。

<セミナー目次>
1.「論語」の読み下し文と註釈
2.漢訳仏典の重訳性
3.「源氏物語」の註釈と現代語訳
4.キリシタン文化と「平家物語」の翻訳
5.蘭学者たちと「解体新書」
6.「聖書」の翻訳
7.文明開化と「万国公法」の重訳

参考史料
亀井高孝、阪田雪子、「ハビアン抄キリシタン版平家物語」、吉川弘文館、1966年
小川鼎三、酒井恒、「ターヘル・アナトミアと解体新書」名古屋大学出版会、1986年
加藤周一、丸山真男、「翻訳の思想」(日本近代思想大系15)、岩波書店、1991年


●セミナー日程: 2018年9月20日(木)18時~19時30分(日本時間) 
●申込締切 : 2018年9月18日(火)(日本時間)

>>> セミナーの詳細・お申込みはこちら  

 ●講師:川村清夫(かわむら すがお)
 上智大学文学部卒業、上智大学大学院にて文学修士号を取得。
 米国インディアナ 大学大学院でPh.D.(歴史学)を取得。専攻は東欧近代史。
 著書は「オーストリア・ ボヘミア和協:幻のハプスブルク帝国改造構想」
 (中央公論事業出版、2005年)、「プラハとモスクワのスラヴ会議」
 (中央公論事業出版、2008年)、The Bohemian State-Law and the Bohemian
  Ausgleich(Ph.D.論文)(中央公論事業出版、2010年)、「ターフェとバデーニの
 言語令:
 ハプスブルク帝国とチェコ・ドイツ民族問題」(中央公論事業出版、2012年)。